にくの主に宝塚ブログ

主に宝塚歌劇についての愛と境界悪性卵巣嚢腫羅患記録。土日祝お休みの平日更新ブログです。

【妄想】I AM FROM AUSTRIA【配役】

雪組炎のボレロ/MRの配信、大盛況だったようですね。熱量が最高潮だった事がSNSで漏れ聞こえてきていました。素晴らしいっ!!こんにちは、にくです。いつも、当ブログをお読み下さりありがとうございます。

 

10月のスカステ番組表がアップされ、その中に昨年秋の月組大劇場公演

I AM FROM AUSTRIAの映像がスカステで少し映ったので、あの盛り上がりをもう一度!と思い、実は購入済みのブルーレイを視聴しておりました。

 

ちなみに、この公演は生観劇を2週間の内に3度と言う私にとっては最多回数を記録した大好きな公演であります。当時の記録↓

 

www.nikustyle.com

www.nikustyle.com

www.nikustyle.com

www.nikustyle.com

www.nikustyle.com

www.nikustyle.com

 

6回も書いているのですね(笑)

 

映像でも何度見ても楽しくて、音楽が良くて明るくて多幸感に溢れております。

映像ならではの生観劇では見逃していた所に萌えてみたり

ちなつさん(鳳月杏)演じるジョージパパが、銀橋を踊りながら後ろ向きに妻のロミー(海乃美月)の所に移動してくる姿が最大級に愛らしかったりとか、※ロミーのダルマ姿ダンスシーンの後

冒頭、ジョージパパは妻の事を「君」と言っていたのに後半では「お前」になっていたとか。<個人的には「君」で統一して欲しかった。

 

本編も最高なのですが、フィナーレとかパレードが最高なのですよ。

デュエットダンスもとってもかっこよくて素敵です。

 

其れはさて、この作品もウィーン演劇協会様オリジナルの海外ミュージカルと云うワケで、版権の関係で近いうちに再演されるのかなっと、ぼんやり考えておりましたらば

 

直感ですが次期体制の宙組、キキさん(芹香斗亜)主演かなぁと。

 

1789の様に東宝で上演されるのかもしれませんけれども。

 

そんな直感がしたのですが、主要キャストが結構多くて、当てはめるのが難しかったのです。

 

ジョージ(珠城りょう)⇒芹香斗亜

エマ(美園さくら)⇒潤花

リチャード(月城かなと)⇒桜木みなと

ヴォルフガング(鳳月杏)⇒凪七瑠海(専科)

ロミー(海乃美月)⇒遥羽らら

パブロ(暁千星)⇒瑠風輝

エルフィー(光月るう)⇒和希そら

ライナー(輝月ゆうま)⇒留依蒔世

フェリックス(風間柚乃)⇒紫藤りゅう

ミスツヴィックル(白雪さちか)⇒瀬戸花まり

 

ヴォルフガングにマッチしそうな人材が思い当たらなく、専科よりかちゃ様ご降臨。

宙組内で一番近そうなのが、りんきら先生(凛城きら)とかかなぁ。

そう考えると別格男役スターが不足している・・・?若手がやるにはちょっと難しい気がするので。

<当時の月組の層が厚すぎるのかもしれませんが。

 

ちなみに夢白あやさんが入っていませんが、彼女をロミーにするには彼女の目指す所ではないと単純に感じたからで、かと言ってエマもどうかと思います。

そうなると、潤花ちゃんは雰囲気的にエマを演じられそうな娘役筆頭なので、そういう事!?とも思ってしまいます。

 

まだまだ先の事ですし、コレが実現するとは限りませんので、私の妄想且つぼやきとしての位置付けとしておいて下さいませ。

 大好きな作品なので再演されたら嬉しいな的な感じです。

 

↓ランキングに参加中です。ポチッとして頂けると嬉しいですヽ(・∀・)ノ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村