にくの主に宝塚ブログ

主に宝塚歌劇についての愛と境界悪性卵巣嚢腫羅患記録。土日祝お休みの平日更新ブログです。

【映像観劇】2018年月組エリザベート【新人公演】

雪組の全国ツアー公演もとい梅芸公演が無事に初日を迎えられた様ですね。良かった!!咲ちゃんおめでとうございます!!こんにちは、にくです。いつも、当ブログをお読み下さりありがとうございます。

 

2月の放送依頼、HDDの肥やしになっていた2018年エリザベート新人公演を映像観劇しました。

主な配役はこんなかんじです。

トート:暁千星(本役:珠城りょう)

エリザベート:美園さくら(本役:愛希れいか)

フランツ:輝生かなで(本役:美弥るりか)

ルキーニ:風間柚乃(本役:月城かなと)

ルドルフ:彩音星凪(本役:暁千星、風間柚乃)

 

個々の能力はとても高く新人公演特有の「ドキドキハラハラする感じ」は、感じることはありませんでした。

カフェのシーンなんて、とても圧巻で全員とても美しく澄んだ発声が素晴らしかったです。

 

ただ、本公演の様に一定の期間何度も上演されるモノではなく、東西各1度きりの公演なので、それぞれの役の作り込みが甘いなと感じる配役が多かったのと

全体を把握しなければならない演出に関しても同じ印象を受けました。

 

率直に云うと、演出にも主要キャストにも「この配役はこういう人だからこういう風にやろう」と云う方向性があると思うのですが、其れがとてもわかりにくく「この人は何を考えているのだろうね?」と感じるシーンが多々ありました。

演出家も若手だったので、今後の成長を期待しておきたいと思います。

 

ゾフィー様。

作り込みがちょっとキツすぎました。なんでそんなに怒り狂っているのか?

ちょっと悪目立ちしすぎていてシーンをぶち壊していたので、公演、作品のバランスを考えてお芝居をして頂きたいと思います。

 

トート閣下

序盤からの「何を考えているのか分からない」案件から徐々に役のスイッチが入ってくる感じの、黄泉の貴公子。帝王と云うにはまだまだベイビーちゃん。

歌って踊れるトート閣下だったので、私が今まで見た中で「最後のダンス」が超絶イケていました。

将来、彼女の本公演でのトート閣下をとても見てみたいと思います。

 

エリザベート

基本的に私は彼女のお芝居が好きではないのですが、この公演を見て感じたのは

相手のお芝居に合わせると云うか釣られているのか、一緒にお芝居をする相手が変わると彼女のお芝居もガラッと変わると云う事。

ゾフィー様とのシーンでは、とても傲慢で支配欲に駆られ、フランツとのシーンではどうしたら良いか分からない、トートとのシーンでは一緒になって妖しくなっていました。

意図して演じている風には見えませんでしたが、相手に寄り添う娘役と云う意味ではマイナス点ではないと思います。

歌唱シーンは文句無しの安定ぶりでしたよね。

 

フランツ

歌唱シーンは不安定、まだまだ未熟な感じではありましたが、とても丁寧なお芝居が良かったです。

 

ルキーニ

安定のお芝居、歌、所作。欲を云うともう少し彼女の個性が出たら鬼に金棒かと。

そして当時男役だったマダムヴォルフ(蘭世惠翔)とのコンビはやはり最強でしたよね。

優等生が交わるととても迫力があって圧巻でした。

※出島小宇宙戦争でもこのコンビがラブラブで愛らしかったです。萌え。

 

ルドルフ

舞台で独り立ちするシーンで不安定さを感じましたが、上級生(トート、エリザベート)とのシーンでは安心するのか、とても安定して堂々と演じていた様に感じました。

そして、とにかく顔面が美しく(重要案件です)まだまだ歌も芝居も伸び代があると感じたので、是非是非頑張って頂きたいっ!!

 

脇役の重鎮、革命家、リヒテンシュタイン、スターレイ・・・

皆、新人公演学年とは思えない存在感と云うか貫禄を醸し出していて、発声やお芝居、所作、歌がどれも素晴らしかったです。

2年前の公演ですが、月組の下級生の個々の実力が高くて・・・

彼女達が今後の月組の中心を担っていく事になりますが、頼もしさ以外ありません。

 

 

↓ランキングに参加中です。ポチッとして頂けると嬉しいですヽ(・∀・)ノ

 にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村