にくの主に宝塚ブログ

主に宝塚歌劇についての愛と境界悪性卵巣嚢腫羅患記録。土日祝お休みの平日更新ブログです。

【ずんちゃんが】壮麗帝ライブ配信を視聴出来ました!!【壮麗】

明日から東京公演が再開です!!とても喜ばしい事ですね。こんにちは、にくです。いつも、当ブログをお読み下さりありがとうございます。

 

宙組ドラマシティ公演壮麗帝のライブ配信を視聴致しました。

なんだかんだと調整してみたら、なんとか視聴出来ました。<お母さんありがとう。

 

ずんちゃんにとって今回の壮麗帝の様な「超絶美男子な賢帝」

今までの印象とは全然違う役で新しい扉を開いた重要な役であったなと感じました。

 

ずんちゃんのイメージ通りの役って言うと、フェニックスタカラヅカで出ていたリトルチェリーとか?

あの当時はアレが一番似合っていたと思っていましたが、もう6年も前の話。

男役として大きく成長した彼女のイメージは、明るく爽やかな見た目なのにメンタルが荒んでいて、可愛く人気者のヒロインに恋をしてまっすぐになる。と言うお役でしょうか。

バウ主演した作品や、イスパニアのサムライがこんな感じだったからかな?

そう考えると、最近のずんちゃんはイヤな役が最後に改心するって云う小物感漂う役がメインだった所

リトルチェリーの手下感満載の時とは別人の様な強い眼差し、豪華で荘厳な衣装を纏った姿に超絶ドキッとしてしまい

ずんちゃんかっこいーーー!!

となりました。

ラストのイブラヒムを処刑してからの慟哭、鬼気迫るモノがあって震えました。

ほんの少しだけ髪の毛がぼさっとしている所が私的には超絶ツボで、その廃れた感がずんちゃんの美しい顔立ちと相まって色気がっっ!!!

鼻血出るやん。

 

その他の男役達も皆とても素敵で、帝の側近でしょうか?宰相が頭に乗せていた被り物がどうしても、ゴミ箱を被っている様にしか見えなかった所がありましたが

長身男役達が荘厳な衣装に髭をつけていると、3割増位には渋く見えるヤツでしたよね。

 

悪い役をやっていた104期の真白悠希くんは、104期とは思えない貫禄と演技力でしたよ。今後の注目株です。

そして、何かと私の中で気になっている101期のこってぃ(鷹翔千空)が凄く素敵に輝きを増していて、やっぱり彼女イイ!!となりました。

宦官の七生眞希もとても良い味を出していました。

専科のまりんさん(悠真倫)も語り部として、公演のスパイスとしてとても良い仕事をされていました。コレぞ専科!!

 

好物の男役が演じる女役

あきも(秋音光)先輩が演じる壮麗帝の第一夫人。

第一夫人としての貫禄と徐々にメンタルがやられる系の役は彼女の十八番でしょうか。美しく強かで脆い役をとても素敵に演じていて、流石・・・となりました。

 

りんきら(凛白きら)先輩演じる壮麗帝の母

帝を心配する美しい母后様が超絶板に付いていてこちらも流石。安定のお母様。

 

そんな美しい女達を演じていた彼女達も、フィナーレではビシッと黒燕尾にリーゼントで男役に戻っているGAP!!

素敵過ぎる案件です。

 

全体的にすごく素敵な世界観で、舞台装置や衣装、音楽すべてとても素敵で良かったのですが、このシーンどっかで見た事ある・・・的な事や、役が何故こんな行動を?と云う疑問が残ったり、演出がちょっと荒削り過ぎるヤツかな?と

まだまだ若手の先生なので、これからに期待したい所であります。

 

本編の荘厳だったりごちゃごちゃしていたり、髭を付けていたり、艶やかな女役のビジュアル

其れは其れで素敵なのですが、フィナーレでシンプルな黒燕尾に髭と取りリーゼントに赤い口紅に笑顔で登場するこのGAP!!素晴らしい!!

宝塚の醍醐味!!!

やっぱり良いですね、宝塚歌劇は。

 

と3500円で自宅でリラックスしながら見られるライブ配信

最高やん。

 

 

↓ランキングに参加中です。ポチッとして頂けると嬉しいですヽ(・∀・)ノ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村