にくの主に宝塚ブログ

主に宝塚歌劇についての愛と境界悪性卵巣嚢腫羅患記録。土日祝お休みの平日更新ブログです。

【コンデュルメル夫人】中堅~上級生男役が演じる女役が好きだ【アレクサンドラ】

最近、増えつつある教育系ユーチューバーに超絶お世話になっている最近。再生回数に関わらず皆さん教えるのがとても上手でいらっしゃいますね、良い時代になりました。こんにちは、にくです。いつも当ブログをお読み下さりありがとうございます。

 

現在、梅田のドラマシティで公演中の宙組「壮麗帝」の稽古場映像を見ていると、表題の通り中堅~上級生男役が女役を演じていて

普段は、凛々しい男役を演じている

92期りんきら先輩(凛城きら)

96期あきも先輩(秋音光)

が、胸元が少し空いたトップスにひらひらロングのスカート姿でお稽古していらっしゃいまして

 

上級生の娘役が演じる熟練っぽさが滲み出ている美しさや、下級生の娘役が演じる若さ溢れる美しさ、可愛らしさではなく

 

男役で培ったと思われる強さをヴェールで覆った様な色気、上品さ漂う美。

の中に、ほんのり漂う慣れて無い感のギャップが相まって

 

好き!!!

(鼻血)

 

となりました。

 

壮麗帝に関しては観劇していない状況で、稽古場映像を見る限りでは、りんきら先輩、あきも先輩共に、始めてこんな可愛い格好しました的な初々しさ溢れる、THE男役が演じる女役と言う感じが、超絶素敵でした。

※りんきら先輩は神々の土地で皇后アレクサンドラで経験済ですが、あの役も素敵でしたね。内面が崩壊しているのが、とてもよく伝わりました。

 

 

ミーアンドマイガールのジャッキー:ちなつさん(鳳月杏)

基本的に痛い強がりなキャラクターを彼女の上品さでカバーしていたので、コレが一周回って好感度が上がると言うヤツ。ジャッキーはそういう女性なので、とても正しい役のあり方だなっと、彼女の魅力に気付いた役。

 

CASANOVAのコンデュルメル夫人:ちなつさん(鳳月杏)

こちらのキャラクターは、意地っ張りでやりたい放題やって強そう(そして美しい!!)に見えるけれども、夫に見て欲しかっただけと言うとても可愛らしい女性でしたね。

 

ひかりふる路のロラン夫人:凪様(彩凪翔)

役柄が、男性の中に一人女性が混ざっていて、とても紅一点華やかで美しかったのですが、男役の様な強すぎる女役(しかし女性としてもとても素敵)だった印象です。

あの役は、凪様の男役としての十分な経験があればこその、強すぎるけれども、女性らしさ?しなやかさの様な雰囲気もあって、絶妙!!

 

天は赤い河のほとりのネフェルティティ:澄輝さやと

彼女の顔立ちやスタイルから、とても良く合っていた役だったと思います。

自分の身を守る為に汚いやり方が通常運転になってしまった哀愁と気高さが相まって、泣けました。

 

ちなみに、宙組のフライングサパでも、まっぷー先輩(松風輝)が女役を演じていて噂になっている所で、非常に興味深い思いであります。

 

男役としてある程度の経験を積んでいると云う事は、性別を超えた役に挑み続けているワケで、仕草や動きを研究する所でも相当な努力の賜物であると思いますが、演じる上で想像力を相当使っているのだと思います。

そんな中堅~上級生男役達の血のにじむ様な努力の末に出てきた色気や品を武器に、元々女性である男役が女役を演じると、演技がとても深いな。

と感じる事が多く、胸を打たれます。

 

なんだかんだと書いて来ましたが、男役を経験したからこそ出てくる魅力を持ったタカラジェンヌが演じる女役が好きだって云う事です。特に92期。

 

 

↓ランキングに参加中です。ポチッとして頂けると嬉しいですヽ(・∀・)ノ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村