にくの主に宝塚ブログ

主に宝塚歌劇についての愛と境界悪性卵巣嚢腫羅患記録。土日祝お休みの平日更新ブログです。

検診に行って来ました【卵巣嚢腫】

昨夜、ソファで寝ていた夫がサイドテーブルに置いたビールを溢し、私の大事な漫画達が濡れると云う大惨事になり殺意が芽生えている所です。ニュースで流れたら、そういう事です。こんにちは、にくです。いつも、当ブログをお読み下さりありがとうございます。

 

先日、婦人科の検診に行ってきました。

今まのでの経緯は↓

www.nikustyle.com

 

簡単に書くと2019年の6月に卵巣嚢腫の摘出手術(左側全部、右側一部)を行いまして、術前には其の85%が良性だろう言われる方で誰もが疑わなかったのに病理検査の結果は、境界悪性と云う良性と悪性の間の位置付け。

そう診断されると、付属臓器である子宮、卵巣、卵管、大網を摘出するのが治療ガイドラインの様ですが、私の場合は血液検査も良好、細胞浸潤が無く病巣は全て摘出出来たと判断され、付属臓器の摘出はしていません。

しかし忘れた頃に悪性化する可能性があるので、引き続き定期的な検診でフォローアップ体制をして頂いております。

術後3ヶ月程度、月経が止まり再開後は元々順調だった周期が、20日~35日と恋する乙女の様な不安定さとなりましたが、検診では特に問題も無く至って健康に過ごしております。

※術後半年に撮影したCTで肝血管腫と云う肝臓に良性腫瘍が見つかりましたが、症状も無いのでとりあえず放置でOKとの事です。

 

そんなワケで、不安定な月経周期となって久しい私の身体でありますが、現状は最後に来たのが6月半ばで今日(8月13日)もまだ無い状態で(2ヶ月っ!!)スマホアプリにも心配されています。

当然、先日の検診時にも無かったのでその旨、医師にも伝えておりまして。

内診では子宮内膜が結構厚くなってきているので、そのうち来るでしょう。と。

しかし、この状態が長く続くと子宮内膜症と云う別の病気の可能性もあるので、注意が必要です。と。

そして、間を開けて

「妊娠の可能性はどうですか?」と。

イヤ、無いと思いますけど・・・

「最近は、高齢で出産される方も多いので、ご自身で妊娠の検査をしてみてもらっても良いと思います~」と。

 

産科の世界では私の年齢は明らかに高齢ですけれどもね、そう言われるとグサッと来るモノがありますよね・・・

 

そして、次回10月末の検診までに月経が来なかったら、血液検査でホルモン値を測定して其処で問題がある様であれば、ホルモン治療しましょう。と云う事になりました。

 

月経が2ヶ月も来ないのですが、術後の月経が止まっていた期間の様に性別を超えた何かになってしまった様な感覚は今の所無く(↓詳細はこちら)

www.nikustyle.com

www.nikustyle.com

至って落ち着いていますが、たまに緩いホットフラッシュと頭痛がする程度です。

久しぶりに以前の投稿を読み返してみると、月経が再開する前にホットフラッシュが酷いと書いてあって、今少し其れが出てきているので、医師が云う様にやはりそのうち来るのでしょうね。

気ままなヤツ(卵巣)だなぁ。

 

少し暑さが和らいだ秋頃に再会出来る事を願って。

※神頼みばっかりやないか!!

 

 

↓ランキングに参加中です。ポチッとして頂けると嬉しいですヽ(・∀・)ノ

にほんブログ村 病気ブログ 卵巣腫瘍・卵巣のう腫へ
にほんブログ村