にくの主に宝塚ブログ

主に宝塚歌劇についての愛と境界悪性卵巣嚢腫羅患記録。土日祝お休みの平日更新ブログです。

望海風斗×井上芳雄氏の共演で気になる点

無事に宙組梅田芸術劇場が千秋楽を迎えられた様で、本当に良かった!!こんにちは、にくです。いつも当ブログをお読み下さりありがとうございます。

 

先日からスカステで、雪組トップスター望海風斗×井上芳雄のコラボレーション番組の番宣を何度か見かけまして

 

だいもん(望海風斗)コンサート公演にゲスト出演する予定であった井上芳雄氏との夢の共演が、コロナによって公演会場や期間が色々と変更になって、舞台での共演は叶わない事となりましたが、

エリザベートを始めとする東宝ミュージカル主演の常連であり、際限なく伸びる艶やかな歌声の井上芳雄氏と、宝塚でも屈指の歌声のだいもんとのコンサート共演を心待ちにしていたファンは多数居たと推測されますので、劇団はそんな意図を汲んでくれたかの様に

 

2人のデュエット曲が配信され、其の音源収録時のトーク等が放映されるそうで、それはそれは楽しみにしております。

特別番組とか本当に感謝しかありません。

 

チラリと歌唱シーンが映像に映ったのが

井上トート×だいもんルドルフで、トートがルドルフを口説き落とす最高潮のシーンであって、すんごい見つめ合って歌っていたのですよね。

惚れてまうやないか。

勿論だいもんに。

 

そして、井上芳雄氏も長身で美しいお顔立ちをしていらっしゃると思うのですが、やはりタカラジェンヌ妖精だいもんと並ぶと、人間っ!と云う感じが致します。

 

収録後のトーク内容について気になった点其の1

前回の雪組大劇場公演ONCE UPON A TIME IN AMERICA

一幕ラストのデボラにプロポーズを断られ、薔薇が敷き詰められたソファに座り足を組む超絶シーンについて

だいもん「男役を17年やってきているからこそ出来た」

芳雄氏「男を41年やっていますけど、あの薔薇はキツい」

 

宝塚歌劇の舞台って、男役がカッコ良いのが其の真髄なので主演の男役がこれ以上無い位にキザにカッコ良く演出されなければならなく

仮に同じ演目を宝塚以外で上演されたとしても、主演俳優が宝塚歌劇の様に其の魅力が一極集中型である必要も無いので、つまり芳雄氏がバラのソファで足を組む必要性が無く出来なくて当然と云う感じかと。

 

そう考えると宝塚歌劇の舞台は、つくづく特殊で特別な世界観の元に成り立っていると、妖精×人間の並びを見て、トークを垣間聞いて実感致した次第でありました。

 

其の2

宝塚歌劇と共演した男性が布施明さん以来と云う様な事を芳雄氏が言っていて

ちょっとちょっと何ですか?其れ?どういう事?

と思って色々ネットサーフィンしましたらば

※ちなみに、布施明さんの事は母が好きだったので若い時にカッコヨカッタ枠で知っていた程度でしたが、超絶声量で歌唱力の高い方だったのですね。

 

約40年前にラブ・ドリームス・アンド・ティアーズと云う、現役のタカラジェンヌが出すアルバムタイトルと見紛う様な夢々しいタイトルで、宝塚歌劇専属作曲家寺田瀧雄先生の曲を10曲収録したレコードを発売した事があるそうでした。

更に大劇場でコンサートをしたと云う事まで分かったのですが、どういういきさつで劇団員以外のしかも男性が宝塚大劇場の舞台に立つ事になったのか、までは分からず仕舞いでした。

鳳蘭さんと仲良しだった所までは掴みましたが、其れがどうなってそうなったのか。と云う事を!

 

※2015年に復刻版CDが発売されています↓

ラブ・ドリームス・アンド・ティアーズ(紙ジャケット)

ラブ・ドリームス・アンド・ティアーズ(紙ジャケット)

  • アーティスト:布施明
  • 発売日: 2015/08/19
  • メディア: CD
 

収録曲↓

1.アマール・アマール
2.白い花がほほえむ
3.愛の宝石
4.愛!
5.愛あればこそ
6.パレード・タカラヅカ
7.さよならは夕映えの中で
8.夢人(ゆめびと)
9.幸せの鐘の鳴る日
10.さよならタカラヅカ

 

 

ちょっと、なんとか手に入れて聞いてみたいと思います。

そして、布施明さんが宝塚大劇場で公演された経緯等をご存知の方がいらっしゃれば、是非オシエテ頂きたい所存であります。

宜しくお願いします。

 

↓ランキングに参加中です。ポチッとして頂けると嬉しいですヽ(・∀・)ノ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村