にくの主に宝塚ブログ

主に宝塚歌劇についての愛と境界悪性卵巣嚢腫羅患記録。土日祝お休みの平日更新ブログです。

【花組】はいからさんが通ったフィナーレ【お披露目】

例年であれば今日辺り終業式で明日から地獄の夏休み!と落ち込んでいるであろう7月20日ですが、今年はコロナ休校の穴埋め的に8月2週目まで登校してくれます。嬉しいな。こんにちは、にくです。いつも、当ブログをお読み下さりありがとうございます。

 

先週金曜日の事ですが、スカステライブ中継の花組大劇場公演はいからさんが通る初日のフィナーレ~パレード~舞台挨拶を拝見致しました。

 

フィナーレ以降のみかと思っていましたが、幕開きから本編のダイジェストを少し放映されていて、サービス精神!!となりました。

 

いやぁ、何はともあれ約4ヶ月ぶりに公演再開が出来て本当に良かったです。

れいちゃん(柚香光)お披露目公演初日幕開きおめでとうございます!

ナイアガラの大羽根を背負って大階段の中央に立つ姿はとても素敵でしたよ。

初日のあのピンスポが当たる瞬間て、どのトップスターさん達も期待に胸を膨らませ、ファンの期待に応えてるあの表情て、ええよね。

 

そして少尉⇔れいちゃんの早変わりが何度もあって凄かったですよね。

挨拶の「やってもーた」も愛らしさ大爆発。

緊張するよね、初日の舞台挨拶。可愛い。

 

ダイジェストで少し映った本編

密を避けるために少し演出を変更したと事前に通知があった件

接触を無くすためにラブシーンやデュエットダンスまで私は無くすのではないかと懸念しておりましたが、そこまでの削減は無かった様で少し安心しました。

まさかの遠近法とかでラブシーンするんかな?とか考えていたのですが、そうじゃなくて良かったです(笑)

タカラジェンヌ同士が濃厚接触者となるので、安心とは決して言えませんが。

舞台上の人数規制は初演を見ていないので違和感は全然感じなかったです。

舞台挨拶の時は大階段に下級生が居なかったので、そのへんはちょっとボリュームに欠けるかな、と思わなくもないですが許容範囲内だと私は感じました。

 

フィナーレの冒頭、銀橋を渡りながら2番手あたりの男役が笑顔で歌うアレ

1本物の醍醐味だと感じていて私は大好きなのですが(2014年花組エリザベートのみっちゃんが一番好き)、あきら(瀬戸かずや)がやってくれましたね。超絶素敵でした。

男役の群舞もシンプルな黒燕尾が良くて

ラインダンスも普段とは少し違った衣装がとても可愛くて

音くり先生(音くり寿)のエトワールは最高で

シャンシャンが、演じた役の小物だって云うのが可愛くて

 

まあ、最高でしたよね。

 

あとね、チラっと見えたマイティーが別人の様な色気を振りまいていた様な気がしたのですが、アレはどうしたのでしょうかね?

地に足が着いて舞台の上に立つ自覚と言うか気迫が大爆発と同時に、役へのリスペクトやら立ち位置とか色々が一つ抜きん出た様に見えました。

チラ見しかしなかったのは、眩しすぎて正視出来なかったんですよね。

自粛期間を経たマイティーは、それほど凄かったです。熱いよマイティー!!

 

そんなワケでまだまだ先の観劇が楽しみすぎる昨今であります。

 

 

↓ランキングに参加中です。ポチッとして頂けると嬉しいですヽ(・∀・)ノ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村