にくの主に宝塚ブログ

主に宝塚歌劇についての愛と境界悪性卵巣嚢腫羅患記録。土日祝お休みの平日更新ブログです。

瀬戸かずやが落ち着いている件

明け方の豪雨により、現在は晴れていますが本日は一日休校が決定致しました。被災地域の皆様には謹んでお見舞い申し上げます。こんにちは、にくです。いつも当ブログをお読み下さりありがとうございます。

 

スカイステージトークDream Time#53「瀬戸かずや」

を視聴致しましたので、最近の彼女について感じた事を書いていきます。

 

と書いておきながらの、まずはMCが99期100期の帆純まひろくんと聖乃あすかくん

音楽学校時代、お掃除場所がエントランス、入団後も新人公演で役替わりをやったりしていて、なんとなく縁の深さを感じてしまう2人。

並ぶと顔立ちは違うものの雰囲気が似ている様な錯覚を覚えます。

音楽学校時代エントランスを掃除していた2人が、現在は宝塚大劇場のエントランスでMCを務めていると云う不思議。

 

そんな彼女達が迎えるゲスト、瀬戸かずや先輩。

90期である彼女の初舞台特集を見ていると、シャープな顔立ちながら、まだまだあどけない雰囲気に彼女も女の子なんだなっと当たり前の驚きを感じますが

現在は、とても渋くジェントルマンな雰囲気の限りなく男性に近い男役芸で魅了してくれています。

 

番組内で、帆純くんが言っていた

舞台やお稽古以外でも、男性の様な仕草や「かわいいね」と褒めたりをさらっとされていてときめいてしまう。

と云うヤツ。

受身側もタカラジェンヌなので、ときめく程度で済んでいると思いますが、一般人であればときめき死んでしまいそうですよね、きっと。

一度被弾してみたいけど、想像してみると少し恐怖の其れであると思います。

 

それはさて、彼女は男役17年目でしょうか。

そういう学年になるタカラジェンヌを見ると、下級生の様に「頑張れ!!」ではなく、頑張っている事が前提で、じっくりご本人のなされるがまま、付いて行きます!!的な心情になっていて。

「貴女の思うままに」的な。大人!!包容力!!何?!この落ち着き!?

タカラジェンヌ人生の中での大器晩成型だったのか、彼女の置かれている環境がそうさせているのでしょうか。尊い

 

約10学年下のMC2人と比べると、其の出で立ちや雰囲気は歴然としていて流石の上級生と云う感じ

MCの2人も舞台上ではすっかり男役でありますが、瀬戸かずやと並ぶとまだまだ可愛らしい女の子でありました。<そりゃあそうだ。

 

そして、トークの中で話していた2014年エリザベート

キーニ役が現在雪組トップスターの望海風斗であり

この最強ルキーニの代役が瀬戸かずやだったと云う件。

初耳で意外性も感じましたが、不思議とビジュアルと演じている画がすぐに浮かび上がりました。

恐らく見る日は来ないと思いますが、見てみたいですよねー。

扮装だけでも良いので。

 

初東上主演したマスカレードホテル

生観劇はポスターに幻滅して止めたのですが、とても後悔しています。

円盤のCMだけでも、其の彼女が発するパワーとかオーラとかが色々ぶつかって来ている感じがして、コレは彼女が命を掛けて演じていたんだなっと伝わって来ましたよ。

初バウ主演のアイラブアインシュタインや理事主演で2番手役を演じていたリンカーンは、生観劇したのですが、そういう所までは感じられず(勿論素敵で良かったですよ)

そういうワケで、彼女の今後の進退を決意するレベルでの節目になった作品ではないかと思っています。<私が勝手に思っているだけです。

考えてみれば、マスカレードホテル以降の舞台がはいからさんだったので、東上を果たした彼女の大劇場公演での立ち居振る舞いが、お披露目されていないワケですよね。

 

さて、どんな感じになっているのか、花組の新体制が楽しみであります。

チケット・・・・取れるかしら・・・・?

 

 

 

↓ランキングに参加中です。ポチッとして頂けると嬉しいですヽ(・∀・)ノ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村