にくの主に宝塚ブログ

主に宝塚歌劇についての愛と境界悪性卵巣嚢腫羅患記録。土日祝お休みの平日更新ブログです。

ちなつさんについて愛を語ろう【鳳月杏】

昨日は101期生初舞台特集をチラ見しまして、リアルタイムに見ていた時に主席の宙組こってぃ(鷹翔千空)が、既に出来上がった出立!!と思っていたのですが、6年後の現在から見るとやはりベイビーちゃん✩と云う印象です。なんだかんだ彼女も初舞台生の頃から、立派な男役へと成長の階段を登って行っている様ですね。尊い。こんにちは、にくです。いつも、当ブログをお読み下さりありがとうございます。

101期の初舞台特集を見ながら、100期生の初舞台特集が無性に見たくなりました。

だって、あの入団7年目にして既に渋い系男役として出来上がっているあの、おだ先生(風間柚乃)の初舞台生の頃を見てみたいじゃないですか。

月組組長のすーさん(憧花ゆりの)に「貫禄凄いな」的な事を言われたと云う、初舞台公演時の彼女です。あのスミレの愛らしい衣装に貫禄ってどんなん?

ちなみに、公演内のラインダンスは見ましたが残念ながら、おだ先生の姿を発見する事は出来ませんでした。

 

そんなワケで最近、月組公演が気になる所であります。

なぜなら、現在の月組の中心を担う、たま様(珠城りょう)の若かりし姿や、ちなつさん(鳳月杏)の第一次月組時代の大劇場公演を見たいからっ!!!

※小劇場は、春の雪、アリスの恋人、月雲の皇子は過去に見たことあります。

 

そんなこんなで今日は、「ちなつさんについて愛を語ろう」と言うワケで

ちなつさん好きが、ちなつさんの歩んできた道を振り返りつつ、ちなつさんの凄い所と、ちなつさんと宝塚について書いてみます。

 

初見は、彼女が新人公演初主演を決めたベルばらのアンドレ。のスカステ映像でした。

見た当時は特になんとも感じなかったのですが、ネット上ですんごい素敵!!と云う意見があったので、「ほほぅ、彼女のどの辺が素敵なのだろう?」と気になりつつも、その後(2014年)の大劇場公演では、目立った役をやっていたワケでは無かったのと、月組を見ていなかったので残念ながら私の目に留まる事はありませんでした。

 

その後、花組に異動が発表され、カリスタの海に抱かれてより花組生となられ

花組生観劇デビュー作品です

ヒロイン2役のゆきちゃん(仙名彩世)の婚約者として連れて来られる貴族役がまたイヤミの無いええ男でしてなぁ。素敵でした。

スカステでもインタビューコーナーが設けられたり、私の中でのちなつさん濃度がグイグイと上がって来た時期でありました。

 

そして、更にバウホールの主演まで。

歌えて、スカせて、カッコ良い。みたいなヤツでした。

 

第一次月組時代の最後の出演作品PUCKで、「あ、あれ、ちなつさん!いた!!」と一生懸命探して見つかる程度の位置づけだったのが

花組に異動して初の大劇場公演ではイキナリ、当て馬だけどストーリーの一部を担う役で、更にバウホール主演と云う出世街道に戸惑いを隠せませんでした。

 

そんな戸惑いを余処に、ちなつさんの魅力はどんどん花開いて行くなぁと感じていたワケですが、明日への指針、花詩集やPUCK、スカステで流れているのを見ていましたが、映像の中心に映る事がほぼ無く、脇を探して見つけたちなつさんの佇まいは、やはり安定的に素敵でした。

なので、花開いたワケでは無く月組で既に脇で開いていた花を花組が持っていったと云う感じでしょうか。その後、戻して頂きましたが。

 

思い出してみると、月組時代の小劇場たま様(珠城りょう)主演の月雲の皇子では、たま様と対峙する2番手役が相当イケてましたよね。<語彙力

春の雪とアリスの恋人も映像で見ましたが、ストーリーに絡む様な役では無かったと記憶しておりますし、新人公演の主演を(しかも主演が二人のウチの一人)経験しているとは言え、イキナリ小劇場の2番手やってサマになってしまっちゃうって云う実は凄い人なのかなっと云う事に、今更ながら気付いた次第であります。

 

↓昨日アップした記事に 

www.nikustyle.com

 

トップスター以下に番手のついていないスター達が5名もごった返していて、その中に一人だけ(当時)新人公演学年のたま様が一人いて云々・・・と書きましたが

ちなつさんの位置づけは、更にその下のでいらっしゃいまして

そんなごった返したスター争いから、出来るタカラジェンヌちなつさんを開放し、花組へ解き放って頂き、激動の時代が終わった時に月組へ呼び戻して頂き、其処でまた新たなちなつさん素敵パワーが花開いて万々歳じゃないか。と。

正に適材適所。

 

今年の2月には東上公演も(コロナで中止になったけど)決まっていたし、ディナーショーも終わったし、その後の事を考えるのが怖いのですが、私としては出来る限り長く在団して頂くべく応援していきたいタカラジェンヌの一人であります。つまり好き。

 

 

 

↓ランキングに参加中です。ポチッとして頂けると嬉しいですヽ(・∀・)ノ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村