にくの主に宝塚ブログ

主に宝塚歌劇についての愛と境界悪性卵巣嚢腫羅患記録。土日祝お休みの平日更新ブログです。

【映像観劇】月組公演All for One~ダルタニアンと太陽王~

PTAの仕事でミスってしまいました。リカバリはきっちりしたつもりですが、なんか凹みますなぁ。こんにちは、にくです。いつも、当ブログをお読み下さりありがとうございます。

 

2017年月組大劇場公演All for One~ダルタニアンと太陽王~を映像で観劇致しました。

大劇場でも一度生観劇しておりまして、楽しい・ギャグ作品だ、と云う、前情報通り、

衣装や楽曲、ストーリーも軽快でとても楽しく観劇致しました。

 

by カエレバ

そして久しぶりに今回、映像で全編通して見ましたが生観劇の時と同じように楽しく拝見いたしました。

たま様、ちゃぴさん、美弥さん、れいこさん。ええよね。ほんま。好き。

 

ちゃぴさん(愛希れいか)が凄いのです。

生観劇の時も感じましたが、実は女性でありながらフランスの王を演じる愛希れいかの演技が秀逸で大好きです。

この役は元男役の経験がある彼女ならではのドスを聞かせた発声や所作、表情!!

と思いきや、女の子スイッチが入った時の愛らしい表情と声。

コレの切り替えが本当に秀逸で、誰にでも出来る事ではないなっと彼女のこういう所は本当に凄いと思います。(表現力の拙さ)

彼女に人気があるのにはちゃんと理由があるのだなっと、思い直した次第であります。

 

たま様(珠城りょう)の逞しさ

ダルタニアンのたま様は、彼女の恰幅の良さを全く隠す必要の無い役で、衣装の着こなし!!どれもこれも青いヤツも赤いヤツも全部カッコ良い!

ルイーズに壁ドンする時のまっすぐに気持ちをぶつける一途さ!!

キュンってなります。

そして、フィナーレの娘役達に囲まれての群舞?

一人一人を愛でていく様が、どんだけ女子の心を弄ぶのですか!?と云う愛情溢れた仕草。みんなのたま様がみんなを愛でていくって云う超絶幸せ空間。私の所まで来てくれた様な錯覚に陥ってしまう不思議。

 

美弥さん(美弥るりか)がセクシー

セクシー前提でのお役ですよね。

たま様がフィナーレで娘役に愛情を振りまいて(投網漁?)幸せな気持ちにしているのに対して、美弥さんはご自身の色気を振りまいて周りを悩殺して、そのうち一人ずつを一本釣りしている様な感じでした。

 

れいこさん(月城かなと)が美しくて

月組に異動してきて初めての大劇場公演だったと思います。

ダルタニアンに一生懸命ケンカ売ったり、ルイーズを惚れさせようと色々やっていますが、ちっとも相手にされていないポンコツさが全面に出ているのに、あの美しさ。

ザ・ビューティー。そんなギャップが愛おしくてしょうがありませんでした。

あの美しい顔面で変顔?と云うか表情を大げさに変える表現も良いです。

 

映像を見て知りましたが、幼少期のダルタニアンに101期の彩音星凪くんが出ていまして、入団3年目でトップスターの幼少期って一応、抜擢なのにその後失速していった感があるのは、やはり技術的にアレがアレなのだったのでしょうか。と感じました。

しかし、更に3年経過しているので、彼女にはもっともっと上がってきて欲しいですね。頑張れー

 

 現在の月組も好きですが、当時の月組もやっぱり良いなっと改めて感じました。

 

 

↓ランキングに参加中です。ポチッとして頂けると嬉しいですヽ(・∀・)ノ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村