にくの主に宝塚ブログ

主に宝塚歌劇についての愛と境界悪性卵巣嚢腫羅患記録。土日祝お休みの平日更新ブログです。

タカラジェンヌをお手本にしよう

昨日でブログ開設1周年となりました。平日のみの更新となりましたが、1年後も同じ様に続けているという事を自負しておきたいと思います。こんにちは、にくです。いつも、当ブログをお読み下さりありがとうございます。

さて、このブログについて自負した所でありますが、前職を辞めてから既に1年が経とうとしている今月、コロナで色々と自粛の世の中ではありますが、ぼちぼち仕事を探そうかどうしようか・・・

今日は、読んで誰が嬉しいねんと云う内容でお届け致します。

 

問題点①(子供の事)

子供は既に小学5年生と3年生で、ある程度のお留守番は出来る様になっておりますが、この休校措置中に平日の朝から夕方までを子供達だけで過ごさせる事については、やはりどうしても抵抗がある

(ケンカした時とか、火の元とか、ゲーム・TV時間とか、宿題とか)

※現状その様な措置を取られているご家庭を批判しているワケではなく、あくまで我が家の場合です。

 

問題点②(面接が苦手)

何社か面接に伺っている中、採用を貰えて居ないと云う焦りから、この年齢になって面接で自己PRや、聞かれた内容について全く巧く返答出来ないと云う現実に対する自己嫌悪。

今月42歳になる私に新しい環境で仕事を覚えられるのだろうか、と云う不安

普段、このブログでは前向きな事を書く様に気をつけてはいますが、育ちは超絶後ろ向きで、人の短所を探すのがとっても得意な私です。

結局、何を言っても短所を誤魔化す為の空っぽな長所にしか思えなくて、そんな事を面接で言っても、私の長所が伝わる気がしないのであります。

 

と、云う問題点がありまして、①は学校が再開される事で解決致しますが、②は私自身の問題でありまして

この自粛期間中、ゆっくりと考えたい所ではありますが、一人で考えていると更に悪い方向へと・・・

ちなみに社会人歴30年近い夫は一度も転職経験が無い為アドバイスを貰えない。

 

やるべき事は、自分について今一度振り返り、何ができるのか、どういう人間なのか、という事を書き出してみて、それを言葉にして巧く相手に伝えられる様にする事。

そして、聞かれた事に対してその場で内容のある答えを言える瞬発力。

しかし、其れが巧く出来なくて困っている所であります。

※終わってから、ああ云えば良かった・・・とか、こう云えば良かったとか、あるある過ぎるヤツです。

 

そんなワケで、自己PRや面接の事をネットで調べてみると、なんと元タカラジェンヌのブログがヒットしまして、音楽学校受験の面接対策について少し書いてありまして、

そういえば、この世で自己PRが世界一上手なのは人前に立ち人気を集めてナンボの世界にいる人達、つまりアイドルやタカラジェンヌ!!

仕事の面接でも、やっぱり気に入った、魅力ある人を採用したいと思うのは人の常。

彼女達がお稽古場で演出家の先生にけちょんけちょんにこき下ろされ「自分はもうダメだ」と思った話をよく聞いていたので、私も自己嫌悪の一番ひどいヤツに陥っている所

彼女達と私では、素材が全く違う事を理解していますが、お稽古場で落ちたメンタルを取り戻し舞台で輝くまで努力している彼女達を見習い、もう一度やってみようかと思います。

ブスの25箇条は大事です。

ちなみに、先日、自己嫌悪過ぎたのか変な夢を見たり、吐き気と頭痛で眠れなくなったり、そんな所まで落ちたのは初めてでしたが、後は上がるのみ。(だと思う)

欝ってこういう風になっていくんだなっと云う心情を体験致しました。

 

そんなメンタルの中、宝塚歌劇団公式サイトでタカラジェンヌ達が生存確認の動画をアップしてくれているのを見ると、本当に元気になります。

なんとなく普段より女性らしさがアップしている彼女達でしたが、その中でも瀬戸かずやの安定的な男役ぶりに心がトキメキました。ありがとう、タカラジェンヌ

 

 

 ↓ランキングに参加中です。ポチッとして頂けると嬉しいですヽ(・∀・)ノ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村