にくの主に宝塚ブログ

主に宝塚歌劇についての愛と境界悪性卵巣嚢腫羅患記録。土日祝お休みの平日更新ブログです。

【映像観劇】花より男子

「 じょーだんはよしこさーーん!! 」是非、この名台詞をあきら(瀬戸かずや)に言って貰いたい。唐突にはいからさんが通りましたが、はいからさんを読んだ後は、花より男子にハマっております。ほぼ全巻購入しました、こんにちは、にくです。いつも、当ブログをお読み下さりありがとうございます。

 

by カエレバ

 

原作の道明寺司が単純で馬鹿でまっすぐでブレなくて美しくてメロリンラブです。

高校生の時に初めて読んだ時はF4の誰ひとり好きじゃなかったのですが、年齢を重ねると感覚や好みも変わるモンですねぇ。F4サイコー!!

 

そんな単純で馬鹿でまっすぐでブレなくて美しい道明寺司をれいちゃん(柚香光)は、私が漫画を読んで感じた通りに再現して演じてくれていたので、原作と同じようにメロリンラブっとなりました。

原作には無いシーンや台詞や仕草、どれも原作の世界を崩さずに表現されていて本当に感動致しました。道明寺がタンゴを踊れるのかっ!!と新発見。

何をやっても道明寺司に見えました。泣けてくる位。

 

太鼓判を押すを、ビート板と言い間違えたボケは少々レベルが高くて私はすぐには分かりませんでしたよ。

つくしちゃんが巧く突っ込んでいたので、とても原作っぽくて良かったです。

そして、つくしを演じていたみれいちゃん(城妃美伶)も、この作品に全力で魂が込もっているのが画面を通じて伝わってきました。どんなにまくし立てていても台詞はクリアーに聞き取れていたりとか、そんな所まで流石でありました。

本当に素晴らしかったです。

 

 

全編37巻分をダイジェストと云うか、各エピソードを混ぜてギュッて凝縮した感じになっているのに、何度も書きますが原作の世界観が失われていない所が本当に凄い。

桜子と順平のエピソードが合体されていて、桜子が原作より相当悪くて、桜子×つくしの関係性も薄い感じになっていましたが、ココはあんまり欲張って色々な箇所にスポットライトを当てるよりも、こんな感じでさらっと流した方が良かったのかもしれません。

※桜子が仕組んだクラブでつくしをナンパしてベッド写真を撮るヤツと、道明寺に恨みを持つ順平がつくしを囮にして復讐の為に体育倉庫に道明寺を呼び出してボコられるヤツが合体されていました。

 

 道明寺姉や母、天草清之助や道明寺そっくりさんの亜門、その他エピソードががっつり削られていたのも、欲張っていなくて良かったと思います。

そして原作では最初の方のエピソードであるティーンオブジャパンを、後半に持って来てハッピーエンドって云う流れも素敵でした。

 

演出の野口先生も原作が大好きだと言っていたので、皆が大好きな作品を大好きなメンバーが演じると云う事で、このようなファンに嬉しい作品に出来上がったのかなっと思います。

 

フィナーレもストーリー仕立てで、その後の道明寺とつくしが幸せになった所を表現している様でとっても素敵でした。

生観劇したかったなぁ。今更やけど。

 

キャスト別の感想は後日アップします。

 

 

↓ランキングに参加中です。ポチッとして頂けると嬉しいですヽ(・∀・)ノ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村