にくの主に宝塚ブログ

主に宝塚歌劇についての愛と境界悪性卵巣嚢腫羅患記録。土日祝お休みの平日更新ブログです。

【観劇日記】ONCE UPON A TIME IN AMERICAキャスト別感想

原作映画ONCE UPON A TIME IN AMERICAを観劇翌日に視聴しました。アレは、宝塚版とは別作品と言っても過言ではありません。それほど、キャラ設定とか色々違っていました。原作映画と云うよりも小池修一郎潤色しすぎました演出の宝塚版として「清く正しく美しく」カスタマイズされた別作品で、それはそれで良かったです。こんにちは、にくです。いつも当ブログをお読み下さりありがとうございます

そんなワケで、昨日大劇場公演千秋楽を迎えた雪組

今日、明日辺は皆様にとっては、そわそわする日々かと思います。私もそわそわしていたりします。

 

以下、キャスト別感想です

 

ヌードルス(望海風斗)

デボラを一途に思う真面目でひたむきな所がギャングとは思えなく、其処は演出の方向性なのかもしれませんが、宝塚としては良い設定だったかと。

そんなひたむきさが、彼のピュアさを余計に増長させていて1幕ラストの薔薇ソファのシーンが切なくて切なくて゚゚(゚´Д`゚)゚

そして、傷ついた青年期を過ごし老年期の達観した老人?が纏う独特の雰囲気が超絶素敵でした。あんなのどうやって出すんでしょうね。組長演じるファットモーとの絡みも最高でした。素晴らしい。

 

デボラ(真彩希帆)

ヌードルスの事をゴキブリとか言っていますが、初恋の人なんですよね。

そして、バレエ教室?の中でも群を抜いた天使の可愛さで、ヒロインとしての説得力が遠目にもよく分かりました。

ステージのシーンも流石の歌唱力。

 

マックス(彩風咲奈)

少年期の爽やかなイケメン風味が青年期を経て老年期には、超絶メンヘラ風味に変化していきますが、事業を広げすぎて失敗していたり、愛人や親友に自分の方向性を心配故に否定されたりするワケで、なんだか哀れな人生な人と云う印象です。

 

キャロル(朝美絢)

あーさ先輩のキャロルが可愛くて美しくてカッコ良かった

冒頭でいつも通りのイケメンアゲアゲな男役から、お芝居では麗しい恋する女性→群舞では再びアゲアゲイケメンからのパレードでは、ええ女っぷりの良い美人

こんなに一つの公演で男女入れ替わりがあって大丈夫かな?と心配になりました。

そして、何といっても咲ちゃんマックスに語りかける声が可愛かったです。

 ちなみに、原作映画のキャロル役の女優さんと、目つきとか似ていました。原作キャラとは全然別モノでしたが。

 

 バグジー(諏訪さき)

ヌードルスに刺殺される対抗ヤンキーですが、原作映画に出ていても違和感無い位のヤンキーぶり。素晴らしい!

 

ベティ(星南のぞみ)

出番はほんの少しでしたが、イヤミで開き直っている女感が超絶出ていて、それでいてカッコ良かったです。あの、星南のぞみちゃんがっ!学年が上がってきてやっとエンジンがかかったのでしょうか、この調子で色々開花して行って欲しいです。

 

※デボラとマックスに関しては、ストーリーから俯瞰的にしか入って来てなく、ほぼ個人に対する感想を持つまでには至りませんでした。それだけ物語からの訴求力が強かったのだと思います。目に付いた脇キャストが少なすぎる言い訳。えー、何を書いているか分からなくなってきましたので終わります。最後までお付き合いください、ありがとうございます。

 

 

↓ランキングに参加中です。ポチッとして頂けると嬉しいですヽ(・∀・)ノ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村