にくの主に宝塚ブログ

主に宝塚歌劇についての愛と境界悪性卵巣嚢腫羅患記録。土日祝お休みの平日更新ブログです。

【映像観劇】朝夏まなとディナーショーLAST EYES

花組聖乃あすかくんの美しく整った顔面は、斜め45度からの角度が其の真骨頂です、こんにちは、にくです。いつも当ブログをお読み下さりありがとうございます。

まぁ様(朝夏まなと)ディナーショー「LAST EYES」をスカステで見ました。

退団公演中の大劇場と東京の間に行われていたこのディナーショー。

メンバーは瀬音リサ、桜木みなと、彩花まり、和希そらと云う、宙組のまぁ様大好きメンバー達。

全員大好きなメンバーなので、スカステ放映を超絶楽しみにしていました。

 

まぁ様の軌跡を辿るコーナーでは、初舞台のラッキースターから始まり花組の下級生時代の公演の歌等、この辺は私にはあまり馴染みのない曲が続きましたが、ディナーショーならではのサービス精神旺盛な客席降りのハイタッチが「そんなの関係ねぇ!楽しめ!」と言っている様で

 

まぁ様素敵過ぎる

 

と相成りました。

 

退団公演の「神々の土地」は、退団が悲しくてなかなか映像を見る事ができなく、見た所で号泣&号泣でしんどかったのですが、こちらは楽しく拝見出来ました。

きっと、出演者全員がまぁ様との別れを寂しがっていて、最後のお願いを楽しく可愛くパフォーマンスしてくれていたからなのもあると思います。

そして、「全然覚えてない~」とか言いながらも実際にやる時は見事な男役ボイスで応じていたまぁ様が素敵っ!はぅぅぅっとなりました。

ありがとう!

 

しーちゃん(彩花まり)のエリザベート

宙組娘役の中でも屈指の歌姫。

美しく細く繊細な歌声が大好きです。

宝塚大劇場初体験の「グスタフ3世」の冒頭のパーティーシーンでの影ソロが凄く素敵な歌声で、「おお、やっぱり宝塚!ええ声!」と思った記憶があります。其れが後に彼女だったと知りました。

本公演でエリザベートを演じる事はありませんでしたが、聞きたいなと思っていた彼女のエリザベートはやっぱり素敵でした。

そしてこういう機会を与えてくれた(?)まぁ様に感謝です。

 

まぁ様のココが素敵

体型バランスが私の理想。

頭の大きさ、肩幅、手足の長さ、身長全てのバランスが整っていてどんな衣装を着ても映える。

パフォーマンスに男役と云う縛りが無く、そんな所も素敵。

本公演では「男役」を演じていてそこも勿論素敵なのですが、まぁ様ご本人の素顔に近いこういうディナーショーの場では、男役と云う縛りが無く自由に歌ったり話したりファンサービスしたりしていて、そんな姿も変わらず素敵で、こういう姿を退団前に見せてくれると退団後の姿も安心して見る事が出来たなぁっと感じました、

 

そんな男役の縛りの無いまぁ様が、先日見た「天使にラブソングを」のデロリスに通じるモノがあって、髪が伸びてスカートを履いていても人前でパフォーマンスをする事に関しては同じで、変わらず素敵なまぁ様が存在し続けてくれているなぁと感じたので

 

www.nikustyle.com

 ↑以前、ココで退団したら別人になるので退団が辛いと云う様な事を書いたのですが、LAST EYESの映像を見て、少し辛さが緩和されました。

私の浮かばれない思いが報われた気がします。ヨカッタ。

 

 

↓ランキングに参加中です。ポチッとして頂けると嬉しいですヽ(・∀・)ノ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村