にくの主に宝塚ブログ

宝塚歌劇、健康美、パン・おやつ・服・カバン作り

【粘液性境界悪性卵巣腫瘍】定期健診とがん保険

昨日はPTAの交流会で地元の中学校に行き給食を頂いたのですが、お馴染み瓶仕様の牛乳が出てきまして、30年ぶりに飲んだので具合が思い出せなくて派手に零してしまいました(恥)。ちなみに給食は美味しかったです。こんにちは、にくです。

いつも当ブログをお読み下さりありがとうございます。

そんなワケで、9月以来2ヶ月ぶりの検診で病院に行ってきました。

いつもの様に血液採取を済ませて、婦人科コーナーで診察。

 

前回、9月の血液検査の結果で、ホルモン値や癌の予兆的な数値の検査に出していたモノの結果も特に問題無しとの事でした。ヨカッタ。

 

普段の生活の中では「粘液性境界悪性腫瘍」と診断された事等、忘却の彼方ではありますが、病院に来てみるとやはり

「あ、そういえばそんな診断されたな」と思い出す次第です。

 

9月以来、月経も順調にありますので内診も特に問題なく、

半分切除した右側の卵巣が力強く機能してくれており、更に子宮の状況も順調に月経後〇日経過的な状態だった様で

一度は機能を失っていた私の繁殖器の生命力の強さを感じた所です。

 

次回も2ヶ月後の1月の受診予定と、術後半年経つのでCTを取りましょうと云うワケで、年明けにCR→1週間後結果が出る頃に受診予約となりました。

 

がん保険

www.nikustyle.com

 

 ↑こちらで以前チラっと触れていた、「人生で初めて癌と診断されたら給付金が出る」と云うがん保険に加入しておりまして

境界悪性腫瘍が癌に該当するのかの瀬戸際なので、診断書を依頼しておいたヤツ

7月に依頼、8月に取りに行かなければならないのに9月の検診まで放置し、挙句その他の書類を準備し郵送したのが先週11月の最終週と云うやる気の無さでありました。

※その他書類と云うのが夫と私の健康保険証のコピーなのですが、出そう!と思いたって準備し始めた時に限って、夫が出張で保険証が手元に無いとかが2~3度あったと云う言い訳。

 

満を辞して先週やっと重い腰を上げてポストへ投函した所、昨日我が家のポストを見ると某がん保険会社から親展の封筒が届いていたので、早速確認してみると

給付金支払いのお知らせが!!!

 

と云うワケで、ダメ元で手続きしましたが、診断書に払った5000円が無駄にはならなかったのです。

境界悪性腫瘍でも癌と診断されたら出ると云う給付金が出ましたYO!

ちなみに、診断書には「悪性新生物」に該当するかの蘭に〇がついていたので、希望は持っていたのですがヨカッタです。やったー!!

 

そういう事なので、同じ診断を貰いがん保険の同じ様な特約のある保険に加入していらっしゃる方は、一度手続きを取ってみる価値があるかと思います。

 

 

↓ランキングに参加中です。ポチッとして頂けると嬉しいですヽ(・∀・)ノ

にほんブログ村 病気ブログ 卵巣腫瘍・卵巣のう腫へ
にほんブログ村