にくの主に宝塚ブログ

宝塚歌劇、健康美、パン・おやつ・服・カバン作り

ちなつさん(鳳月杏)の素敵ポイント

こんにちは、にくです

いつも当ブログをお読み下さりありがとうございます

ちなつさんのディナーショー(NEXT ONE)とか、霧矢さんトップ時代のショー(ONE)をスカステで見ました。

ONE繋がりですが、ツナガリはきっとないと思います。

全編通してがっつり見たワケではなく、用事をしながら途切れ途切れにと云う感じに。

 

ONEは霧矢さんの弾ける笑顔が美しくて、男役としては小さな身体から漲るパワーと力強いダンスがとても魅力的でした。

現役時代を拝見したかった。

 

そして若き日のまさみり。(龍真咲&明日海りお)

麗しくて愛らしくて二人の並びがそれらを倍増させていて眩しすぎました。

まさおさん(龍真咲)ご結婚おめでとうございます。<超タイムリーな話題

 

若き日のたま様(珠城りょう)は、ダルマ姿でロケットのセンターを力強く愛らしく務めていらっしゃいました。

みりおさん(明日海りお)中心とする若手5人衆みたいなヤツに、たま様とちなつ様もいらっしゃり、この並び今となってはとてもとても貴重やないか!

 

と、ビジュアル面は最高&最強で音楽も凄く好みでセット(なんと滑り台付き!)も華々しく素敵なショーでした。

 

 

NEXT ONEのちなつさんは、素敵でした。

娘役と組んでタンゴを踊る場面があるのですが、

舞空瞳先生との時は、彼女の全力少女的にがっつりとぶつかっていく力強さを感じたかと思えば、次に音羽映見先生と組んだ途端に優雅で柔らかい雰囲気に変化するのですよねー

 

振りはそんなに違い無いはずなのに。

ちなつさんの安定感があってこそ、娘役たちが己の特性?持ち味を十分に発揮して踊れたのかなぁと思いました。

 

そして、ちなつさんご本人は恐ろしい女装とおっしゃっていましたが、金髪のロン毛に美しい赤のジャケット、ホットパンツ、ロングブーツと云う

脚長スタイル良しでなければ出来ないお衣装で格好良く歌い踊る場面

 

途中、あの長くて美しい御御足を前方に上げる振りがありまして

「言葉にならない」

と云う言葉が出てきました。

胴体と手足のバランスが同じ人間とは思えないからでしょうか、頭上より高く踵の位置が上がっている瞬間、人間ではない何かになってしまわれたかの様な感覚がして

ゾクッと致しました。

 

宝塚を見始めて5年程経ちますが、ドキッとか、わぁ~✩とか、はぅ~、とか色々なときめきバージョンを感じてまいりましたが

この度、ゾクッと云うのは初体験でございます。

ちなつさん、恐ろしい子

 

そんな恐ろしいちなつさん、女役だけではなく本職のノーマルな男役スタイルでも客席を魅了していらっしゃいました

ワイングラスを持ってSANTEしながら客席を練り歩くヤツ

ディナーショー特有のアレですが、ちなつさんが通る付近は皆溢れる笑顔になり幸せ空気が蔓延していました。

歌声も滑らか。

 

ちなつさんが演じる女役って、超絶可愛い!!っていうのではくて男役を経験しているからこそ出来る、女性としての色気があって超絶素敵なのです。

色気があるけど変なエロは全然感じなくて、健康的な色気、エロと云う印象です。

 

と云うワケでちなつさんの素敵な箇所を書き出してみた次第です。

 

 

↓ランキングに参加中です。ポチッとして頂けると嬉しいですヽ(・∀・)ノ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村