にくの主に宝塚ブログ

宝塚歌劇、健康美、パン・おやつ・服・カバン作り

宙組大劇場公演初日映像を見たYO

昨日、愛ちゃん(愛月ひかる)主演の巴里祭を見ていたのですが、愛ちゃん久しぶり感で泣きそうになりました。異人たちのルネサンスぶりに見た気がします。愛ちゃん素敵でした(´;ω;`)こんにちは、にくです

いつも、当ブログをお読み下さりありがとうございます

 

楽しみにしていた宙組の初日映像を拝見しました!!

 

噂に違わず、楽しそうな印象を受けました。

の前に、宙組と云えば!の面々である、せーこ(純矢ちとせ)、あっきー(澄輝さやと)、りく(蒼羽りく)、まいあちゃん(華妃まいあ)が前作で退団した事

ずんちゃん(桜木みなと)が三番手の羽根を背負った事で

新体制が始まったなぁと云う印象と共に少しの喪失感を感じております。

 

さて、お芝居は、ビジュアル面ではとても楽しそめそうに感じましたが、ストーリー的にはやはり陳腐な作品なのかな?という印象を受けました。

 

冒頭?海を渡るシーン

知っていましたが、ゆりかさん(真風涼帆)が大きくて銀橋にシンプルなメイクで衣装を着て居るだけで大迫力です。

宝塚の舞台に立つ為に生まれてきたかの様な容姿ですよねー

素晴らしい!

 

悪ずんちゃん。

悪いずんちゃんと云えば、まどか(星風まどか)への片想いが通例となっております。

悪いのに想いは一途と云うギャップ

シュッとした感じに磨きがかかってきて、なんかカッコ良い感じになってきましたね。

 

ショーの方は、大人の雰囲気が凄く漂っている印象です。

ナイスガイもそうでしたが、ゆりかさん=大人と云うジャンルで追求していくつもりなのでしょうか?

大人を追求するのも良いですが、私としては色々なジャンルのゆりかさんを見たいなぁと思う所であります。

 

和希そらの女役

こんなにがっつり女性!と云う姿かたちになられると、ちょっとビックリしますよね。

ダルマでタコ足の様な白いふわふわがぶら下がっていて、男役には見えない

しかし、そこでヘアスタイルは元気っ娘的な金髪眺めのショートスタイルですよ。跳ねた感じの。

そんな和希そらのセンスが愛おしい。なんかええよね、この子。

と人を惹きつける魅力を溢れて来ています。

 

そんな宙組の魅力が溢れに溢れている、この公演のチケット事情について(私の場合)

友の会先行抽選は、外れました

友の会先行先着も売り切れ御免で購入出来ず

一般も昼過ぎには完売との案内

初日直前に出てた戻りも早いスピードで売れていっている

 

確実にチケットが取りづらくなっている。

平日に気軽に行ける宝塚はもう無くなってしまったと云う感じですね。

嬉しい悲鳴とは本当にこの事です。

宙組バンザイ

 

↓ランキングに参加中です。ポチッとして頂けると嬉しいですヽ(・∀・)ノ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村