にくの主に宝塚ブログ

宝塚歌劇、健康美、パン・おやつ・服・カバン作り

【映像観劇】メランコリック・ジゴロ花組全ツ

こんにちは、にくです

いつも当ブログをお読み下さりありがとうございます

楽しみにしていた昨年末2018年花組全国ツアー公演のメランコリックジゴロを映像で見ました。

初演の花組安寿ミラさん×真矢みきさんへの宛書き作品との事で、過去に花組真飛聖さん×壮一帆さん、宙組朝夏まなとさん×真風涼帆さんのコンビで再演されている人気作品です。

私も所見映像で、真飛聖×壮一帆版を見て面白い作品だなぁ~と楽しく拝見し、その後宙組版を映像で見た時は、まぁ様(朝夏まなと)とゆりかさん(真風涼帆)二人の掛け合いの間の取り方や脇役陣も、全てが私のツボを付いていて初見を超える大好きな作品となりました。

つまり、まぁ様×ゆりかさんのコンビが好きだったんですね。

 

 

そんな私が大好きな作品を私が大好きな花組の同期コンビで再演すると聞いた時も、とても嬉しく観劇を楽しみにしていましたが、如何せんチケットが確保出来なくて、映像を心待ちにしていました。

 

満を辞して、以下感想文です。

 

マイナス面

宙組版が私のベスト版なので、どうしても役によっては其のキャストイメージで見てしまう所があったりしました。田舎のお嬢様の役とか、マチウとか。

そして、主要キャストを始めとても若いキャストだった為か、技術面の拙さが顕著になっていたと感じました。

具体的には云うまい。ちなみに、ダニエルにはそんなに感じなかったですよ。

 

プラス面

スタン役:マイティー(水美舞斗)

壮一帆さんとの対談番組でマイティー(水美舞斗)がお稽古中に「滑舌!!」と言われて凄く意識したと話していた通り、マイティーが周囲の技術面での不安定さを払拭する為のストッパー役になっていた様に感じました。

そして、恋人ティーナ役の華ちゃんとの並びが、二人共ぽっちゃりと云うかがっしりしていて可愛くて素敵でした。

お調子者で友人や恋人の事を思いやっている風に繕うセコい所もあるけど、純粋で悪い人間では無い憎めないスタンが素敵でした。

※ゆりかさんの果てしなく軽いヤツとはちょっと違うけど、両方好き

 

ダニエル役:れいちゃん(柚香光)

滑舌とか、超良い!ってワケではなかったですが、然程気になりませんでした。

寧ろ、作品の主演者としてかなりの熱量を持って演じていた事と、主演たる真ん中オーラすげぇと云う印象でした。

そしてマイティーとの並びも安定のバランスの良さ。

がっしりマイティーとスッキリれいちゃん。

 

フェリシア役:舞空瞳

お芝居のヒロインで当時入団2年目位の若さ。

トロくて大人しい、彼女本来の利発さを封印しなければならない役でしたが、やはり経験の浅さから封印しきれていない所(絶対猫かぶってるやろ?みたいな)もありましたが、其れも一つの役作りなのか?

と思わせる説得力を感じました。

が、れいちゃんとのコンビは、れいちゃんが舞空さんの実力を含め其の存在を持て余す感じになりそうに感じたので、星組で琴さんに其の魅力を受け止めて貰った方が良いかな、とか思ってしまいました。

 

ティーナ役:華優希

キュートなお馬鹿ちゃんが非常に良く似合っていて良かったです。

彼女は、はいからさんの紅緒もそうですがお転婆でギャーギャー暴れる役の表現がとても上手ですよね。

あの美しいお顔を目一杯崩壊させて泣き喚いたりするヤツ。

そんな押し出しの強さに流石のトップ娘役だな。と思いました。

 

イレーネ役(フェリシアの職場の先輩):音羽映見

宙組版の美風舞良ちゃんより、彼女の役作りの方が好みでした。

脇役達の技術面云々と書きましたが、彼女は作品中の心のオアシスでした。

テキパキと仕事を片付け、其の優秀さで今までフェリシアのフォローしていたんやろな。其れでこの仕打ちかよ!?と云う戸惑いまで、とても自然に演じていて素敵でした。本当に退団が惜しいですね。

 

後輩刑事をやっていた和海しょうさんも、安定の実力を発揮していて、この作品のオアシスとなっていましたね。

 

まだまだ発展途上での上演て云う感じがしましたが、若さ故のマイナス面もあればプラス面(勝手に今後の伸びしろとか考えてしまう前向きさ)もあったので、良しとしておきましょう(何目線)

 

 

↓ランキングに参加中です。ポチッとして頂けると嬉しいですヽ(・∀・)ノ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村