にくの主に宝塚ブログ

宝塚歌劇、健康美、パン・おやつ・服・カバン作り

スカイステージトークリクエストDX朝夏まなと×桜木みなと

学生時代の友人と子連れでランチに行ってきました。とても楽しい時間を過ごし、こんなに会話をするのが久しぶりだったのか、顎にとてつもない疲労感があります。

こんにちは、にくです。

いつも当ブログをお読み下さりありがとうございます。

スカイステージトークリクエストDX「朝夏まなと×桜木みなと」を見ました。

ずんちゃんが今、必死に舞台に向き合っている事がビンビンに伝わって来ました。

そんな中、尊敬する舞台人まぁ様に色々と興味深い質問をしていました。

 

ビジュアルについて

オーシャンズ11東京公演中の収録だった様ですが、ずんちゃんがかなりげっそりと痩せている印象です。

ベネディクトに対するプレッシャーがハードなのでしょうか。

 

対して、まぁ様の肩幅が天然素材ベースで広い事に驚きました。

現役時代の衣装と幅が同じ気がします。

 

ずんちゃんの覚悟

そんなずんちゃんを見ていて、覚悟が決まったネと。

まぁ様は宙組に異動になった時にキュッと頑張ろうと覚悟が決まったと。

 

私も宝塚の舞台をみていると、覚悟を感じる事があるのですが、演者であるまぁ様も同じ事を言っていて、本当に恐縮ですが「まぁ様と同じこと感じてる」と嬉しくなりました。

ずんちゃんの覚悟について、私は明確に感じ取れたワケでは無いのですが、まぁ様がそう言うならば、ずんちゃんは将来のトップスター候補の一人として期待されているのでしょう。

以前から、ずんちゃんの其の気持ちは凄く舞台に出ていると思います。

 

まぁ様の強さ

花組で燻っていた時に、宙組に組替えの話が来て心機一転、覚悟が決まったと。

自分が困っていた時に、上級生にして頂いた事やして欲しかった事を下級生にしていると云うまぁ様。

こういう事は、文章にすると当たり前の様に見えますが、実際に其れをサラリと簡単にやってのける人は、あまり居ない様な気がします。

特に宝塚歌劇団は競争社会の中で、下手したら下克上があったりする世界の中で、普通にこういう事が出来ると云うのは、まぁ様の優しさであり強さであると思います。

やはり、ある程度の人格者でないとトップスターは務まらないのでしょうね。

※組子にめっちゃ嫌われてるトップスターとか考えたくない!

 

 

舞台で空間を制する力

ずんちゃんからまぁ様への質問

一人で舞台に立つ時に空間を制する力が凄いと云う事。

先日、笑う男を観劇した際に、最後の一人で舞台上で歌うシーンや、退団公演の神々の土地の登場シーンとかの事でしょうか。

まぁ様の答えは、「緩急を持って立つ。操りたいと云う集中力。を意識している」

始めて上手くいったのが、エリザベートのトート閣下だったと。

ずんちゃんは、感心した様に頷くばかりでしたが、この言葉を紐解いて自分のモノに出来る様になって舞台で其れを見せて頂きたいと思います。

 

 

 

↓ランキングに参加中です。ポチッとして頂けると嬉しいですヽ(・∀・)ノ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村