にくの主に宝塚ブログ

宝塚歌劇、健康美、パン・おやつ・服・カバン作り

ON THE TOWN役替わりと壬生義士伝新人公演

昨日は、子供達が昼間習い事に行ったので、その間久しぶりの一人様時間を過ごしました。快適。こんにちは、にくです

いつも当ブログをお読み下さりありがとうございます

さて、そんなワケでお一人様時間で一週間遅れのスカステニュース録画を視聴しました。

 

ステージサイドウォッチ(ON THE TOWN)

※しつこいって言わないでください

内容にON THE TOWNのステージサイドウォッチと云うコーナーに、じゅんこさん(英真なおき)と役替わり三人(白雪さちか、夢奈瑠音、海乃美月)が出演しており、公演について話していました。

 

時代背景について

其の中で、じゅんこさんがやはり戦争の時代の事について

「明日には、もしかしたら死ぬかもしれない。けれど、今を一生懸命楽しもうとする姿に感動する」

と云う様な事を話しておられました。

結局、其処なのだな。と。

つまり、私の作品から発せられる戦争に対する感受性が乏しかったと云う事でFAとなりました。

 

クレアの役替わりについて

私が観たBパターンではなく、Aパターンの映像が流れていまして

夢奈瑠音ちゃんが、クレア(人類学者)を演じていてチラッと見ただけでしたが、ヒルディーの役作りと区別がつかなかったです(笑)

クレアはとてもパワフルな女子だった様で、男役ならでは!其れはとても伝わってきました。

そして、私が観た海ちゃん演じるクレアはパワフルに力こぶを強調するシーンがありましたが「ふ~ん」と流してしまう程度で、パワフル女子の印象はありませんでした。

どちらかと云うと、人類学の権威なのに、廻りの事は全く見えていない惚れっぽい天然ボケのお嬢様と云う印象。

 

演者によってこれだけ違う印象なので、激しくAパターンも観たくなりました。

 

 

雪組壬生義士伝新人公演

主演の彩海せらくん

今年入団3年目の102期生。

だいもん吉村貫一郎のコピーの様でした。

歌声や台詞回し、メイクまでもが、だいもんにそっくりで驚きました。

だいもんと云えば、其の歌唱力と演技力に定評があり、耳が良いので方言もなんのその。南部弁もネイティブかと思う程の仕上がりで、其の役が発する哀愁や優しさ、強さも全て表現し尽くされている、超絶舞台人だと私は思います。

 

其れを、入団3年目の彼女がコピーしている。

全編通しで観たワケではないですが、映像は結構長めに流れており、コピーの完成度の高さに驚きました。荒削りな印象はありましたけど。

本公演では吉村貫一郎の息子を演じており、演技が凄く良かった印象だったので、この度の初主演は頷ける事でしたが、これほどの完成度を入団3年目でみせてくれるとは、末恐ろしい子ですね。相当だいもんを見ているのでしょう。

ただ、初主演はコピーで大絶賛ですが、2度3度目はありません。

これから、どの様なオリジナリティを出してくれるか楽しみです。

 

本公演のそっくりさんと云えば、前田慶次のれいこちゃん(月城かなと)×壮さん(壮一帆)。元々顔立ちも似ている2人でしたが、当時スカステ加入直後だった為、初日や千秋楽でもないのに、なんでこんなに同じ映像が流れるのか?と思っていたら新人公演の映像で壮さんじゃなかったと云うオチ。

 

 

 

↓ランキングに参加中です。ポチッとして頂けると嬉しいですヽ(・∀・)ノ

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村