にくの主に宝塚ブログ

宝塚歌劇、健康美、パン・おやつ・服・カバン作り

【観劇日記】雪組大劇場公演壬生義士伝-主要役

クラシコ・イタリアーノ新人公演主演時代のあっきー(澄輝さやと)。斜め横顔が話題の亜音有星くんに少し似ている様な気がします。

こんにちは、にくです

いつも当ブログをお読み下さりありがとうございます

主要役

吉村貫一郎役:望海 風斗

前の記事にも書きましたが、Theいぶし銀。

普段は優しい笑顔⇔刀を持つと剣客。

家族を思って歌う歌は優しさで溢れ、斎藤一が斬りかかって来る場面では、一気に剣客の空気に早変わり。

吉村貫一郎が降りてきてるんでしょうかね。南部弁と話す声が役に入り込んでいる感じが秀逸。素晴らしい。

 

しづ/みよ役:真彩 希帆

対照的な性格の役を1時間半の中で何度か切り替えがあって、しかも方言までもが違うのに全く自然だったのが、流石の聴力の持ち主だな、と感心しました。

南部藩で居候させて貰っている親戚に歯向かう息子をなだめる母の場面とか、真彩ちゃんの母は美しく強くに涙涙。

 

大野次郎右衛門役:彩風咲奈

咲ちゃんは最近見る度にお芝居が良くなっていると思います。

一時期は、八重歯がどうのとか色々言われていましたけど、もうこの際そんなの関係ねぇって感じ。

ここまで登り詰めるとは私は思っていなかったので、彼女には頭が下がりますね。

さらりと竹馬の友からお殿様まで、シーン毎の心情の変化、移り変わりがよく分かる。

難しい立場の人の気持ちがよく伝わって来ました。

おまけにカッコ良いと来たので、2番手役で一番美味しい役ですよね。

 

土方歳三役:彩凪翔

結構ええトコ取ってる役ですよね、土方歳三って。ええヤツやん。って言う。

ええヤツでしかも顔もええ。って言う安定した説得力が凄かったです。

彩凪翔×和モノの相乗効果。

 

斎藤一役:朝美絢

少し声がかすれていた所とか、序盤で刀を抜くのにほんのりミスってたり

私の気のせいかもしれませんが、そういう細かい所の不安定感がたまにあるので、彼女はまだまだ頑張って頂かねばなりません。

本人は頑張ってると思うけどたまに空回っている様に見える時があるので。

ちなみにビジュアル(特に顔)は安定的に最強です。

 

松本良順役:凪七 瑠海

かちゃさんの軍服姿はよく映えますね。

蘭陵王で主演を経て役に対する渋みが出ていた様に思います。なんて言うか、場を占める特出感。専科としての仕事をきちんとこなしている感。

 

 

 

観劇エピソード

実は、ココ最近昼寝をしていたので、前日の夜はなかなか眠れず寝不足のまま観劇したので、雪組(ケイレブ、凱旋門で寝た)で和モノ(新源氏物語で寝た)なので寝てしまわないかを危惧していたのですが、最後まで大丈夫でした。

 

観劇のお供に

幕間は宝塚阪急百貨店で購入した「つの田」さんのステーキ重弁当と梅しそロール。

肉好きの私には弁当一つでは足りず、梅しそロールも追加で丁度良い腹具合となります。安定の美味しさ。店員さんもいつも「いってらっしゃいませ」って言ってくれはるので私の御贔屓です。

www.hankyu-dept.co.jp

 

↓ランキングに参加しました。ポチッとして頂けると嬉しいですヽ(・∀・)ノ

 にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村