にくの主に宝塚ブログ

宝塚歌劇、健康美、パン・おやつ・服・カバン作り

卵巣嚢腫が見つかったYO!其の十一【術後~翌日】

本日も病室のベッドから、こんにちは。

術後2日となり、移動は自力歩行とされており、かなり元気になりました、にくです。

 こちらの記事も予約投稿です

いつも、当ブログをお読みくださりありがとうございます。

以下、手術台より

 

↓今までの経緯です

卵巣嚢腫が見つかったYO! - にくのブログ

卵巣嚢腫が見つかったYO!その弐 - にくのブログ

卵巣嚢腫が見つかったYO!その参 - にくのブログ

卵巣嚢腫が見つかったYO!その四 - にくのブログ

卵巣嚢腫が見つかったYO!其の五【術前情報】 - にくのブログ

卵巣嚢腫が見つかったYO!其の六【病院から電話が入りまして】 - にくの主に宝塚ブログ

卵巣嚢腫が見つかったYO!其の七【麻酔科の診察】 - にくの主に宝塚ブログ

卵巣嚢腫が見つかったYO!其の八【入院初日】 - にくの主に宝塚ブログ

卵巣嚢腫が見つかったYO!其の九【術前】 - にくの主に宝塚ブログ

卵巣嚢腫が見つかったYO!其の十【術後】 - にくの主に宝塚ブログ

 

 そんなワケで、手術台に登りぼーっとしてきたなぁ~と思っていたら、次の瞬間には、終わりました。と声をかけて頂き

 

次に気がついた時には、病室に戻って来て、夫と母が顔を覗き込んでいました。

その時、夫から左側の卵巣は摘出して、右側は核出した、と言う事と、バッチリ摘出物の写真を撮ったゼ。と言う事。

心の中ではグッジョブ!と思っていましたが、頭がぼーっとしていて体がだるく目も開けていたくなく、休ませてくれぇ~と言う感じ。

 

 

 

経膣分娩後の様な腹回り気持ち悪さ(鳩尾をグリグリされたみたいなの)があって、尿管に管が入っているちょびっと気持ち悪さと、点滴が邪魔なのと、足に血栓予防のマッサージ器が取り付けられており、シュコーっとマッサージしてくれてはる状態。

不快度指数:6程度

 

身体の痛みは、おぅこんなモンか!流石腹腔鏡だなっ!と思った所。

痛み指数:3

 

のたうち回る様な痛みと戦ってはいません。

 

術後、何度か内蔵の気持ち悪さは無いですか?と聞かれたのですが、私は特にありません、と答えています。

 

そんな感じで、手術が終わり病室に戻ってきたのが16:00頃だったそうな。

その後、採血しますねー

血圧図りますねー

体温図りますねー

 

が、何度かあり、何度目かの上記の時

暑くて汗だくになったので、横向いて良いですか?って聞いたら、良いですよ~っと

布団もタオルケットを持ってきてくれたり、自由にあっち向いたりこっち向いたりして頂いてOKです、との事。

 

また、夜中で何度目かの体温云々の際、真っ暗な中、看護師さんが私の腕に巻いたバーコードをスキャンする為に、スキャナーをこちらに向けていた赤い光で目が覚めたのですが、その時は一瞬何が起こったのか分からない感じで、テロにでも巻き込まれたのかと思いました。

が、ああ、そうか、私は入院中と思い正しておきました。

 

そんなこんなで朝を迎えると、安静解除ですと、足のマッサージ器外してくれました。

午前中のウチにでも歩行練習して尿管の管と点滴を切りましょうか、との事を言われましたが、朝食もワーイ!と思って食べてみると、3口程度で、もうイラン!となり、体が重くてベッドでボケッとしておりました。

 

午前中に先生が、どうですか~?と来てくれて元気なさそうですが、いつもこんな感じですか?と

痛みはほとんどないけれども、体が重くて~と言うと

全身麻酔の影響でまだ暫くしんどいですね、引き続き様子みていきましょう。と去って行かれた。

 

 

その後、昼食も6割程度。元気が出ない、体が重い、やる気がない。

そうこうしているウチに、初診で診て頂いた部長先生の回診があり、おっ久しぶり!と思いながら、「身体が重たいです~」と言うと

部長先生「なんでだろうね?」

と、廻りの先生に聞き、場が一瞬凍りつく様な感じ。

慌てて、午前中に様子を見に来てくれた先生が「全身麻酔の影響が残っているのかと」と応えて、その場は収まり、回診集団は去って行かれた。

こういうのも難しいモンですね、白い巨塔見直そう。

 

その後、看護師さんが来てくれ、歩行練習してみて出来たら尿管と点滴を切りましょうと。

ゆっくりゆっくり立ち上がって、歩幅20センチ程度で廊下を歩き部屋に戻り、歩けたので、尿管を抜いてもらう。

また、着替えとタオル持ってきますねぇ~と言われ、昨日から汗だくになっているので、早く着替えたい!と思い首を長くして待っているが、忙しいのかなかなか来てくれないので、ナースコールして、着替えをもらう。

リフレッシュボディシートで身体を清潔にして着替え。尿管も取れたし、かなり身軽になる。ひゃっっほい!

 

そんなこんなで、血栓予防の注射を腕に何度かして頂き、術後ムクムクになっていた私の手が通常運転と相成りました。

 

つづく