にくの主に宝塚ブログ

宝塚歌劇、健康美、パン・おやつ・服・カバン作り

まぁ様公演のTV観劇

引き続き、まぁ様のこと。

大劇場以外の公演。

基本的には、どの組も大劇場公演を1回観劇して、その他全国ツアーや小劇場は行かないっていうか、行けないので、スカステ放送待ちがほとんどです。

 

 

プレ御披露目のトップハット。

待てど暮らせど、スカステで放映されないのでDVD買っちゃいました。

キラキラまぁ様が軽やかにタップを踏み艶のある素敵な声で歌う、内容もテンポ良く進みハッピーエンドで、とても楽しく見れました。

 

この公演を最後に星組へ異動になり、3月に退団した七海ひろき かいちゃん

同期の純矢ちとせ せーこと中年のマンネリ化した夫婦を好演。あの2人だからこそ出来た関係性で、お互いに悪い所言い合ってましたけど微笑ましく見る事が出来ました。素敵。

 

現在、専科で活躍中の愛ちゃん

この役が、この後続く愛ちゃんの濃いキャラ部の始まりでしょうか、イケメン部からの脱却、脱皮。

この役が面白くなければ、作品自体も面白く無くなる。と、演出の齋藤先生に言われたそうな。

そんなプレッシャーにも負けず、立派に脱皮していきました。涙と共に拍手!

 

みりおんは、美しさ、歌、芝居、動き、全て安定。

同期の桜木みなと ずんちゃんも絶賛の流石の精神力。

まぁ様との並び、身長差と体格差が絶妙でお互いが互いに引き立て合ってる感じがイイ!

安心の並び。

ミュージカル『TOP HAT』 [DVD]

ミュージカル『TOP HAT』 [DVD]

 

 

 

大劇場お披露目公演の次の全国ツアー公演

メランコリック・ジゴロ-あぶない相続人-とシトラスの風III

メランコリックジゴロは、真飛聖主演の花組公演のスカステで見て楽しかったので、宙組まぁ様と真風涼帆版を、それはそれは楽しみにしていました。

そしたら、期待の上を行く面白さ!

初演の安寿ミラさんと真矢みきさんの当て書きとの事でしたが、まぁ様とゆりかちゃんへの当て書きかと思うほど、2人にハマっていて最高に楽しかったです。

コメディ作品の最重要ポイントである、間の取り方が私の面白ポイントを突きまくり。

実際に劇場で観てみたかった作品、ぶっちぎりのNo.1です。

ショーも明日へのエナジーだし。

カッコ良い事間違いなし!

しかし、コレは確か行きたかったけど、チケット取れなかった。涙

 

 

 

 

さて次は、王家に捧ぐ歌 博多座公演

大劇場で観た作品ですが、一部キャストが違い、主要メンバーでは

ウバルド ゆりかちゃん→ずんちゃん

アムネリス 伶美うらら→彩花まり しーちゃん

 

ウバルドはアイーダと同期と言う事で双子設定に。そんなにお兄ちゃん風吹かせて無いかな。っていう印象。

 

アムネリス

2人の決定的違いはパワーと歌

うららちゃんアムネリスはスゴツヨ!

しーちゃんアムネリスは繊細な強さ。

あと、歌が歌が、声が綺麗!!

全く別の作品かと思いました。

それくらい、ガラッと違うと感じたのは、後にも先にもこれだけです。

 

まぁ様とみりおんは、安定のステキカップル。

これも行きたかったけど、当時の状況から博多まで行くのは現実的では無いので、涙を飲んで諦めました

 

 

バレンシアの熱い花とA Motion(エース モーション)は別記事にします。